在宅ワーク・SOHO・内職の実情

在宅ワークを始める前に知っておきたいこと

子育て中の主婦ならば、在宅ワークは多かれ少なかれ興味があるところだと思います。 そういう私も自分が在宅ワーカーとして働き始めるまでは、分からないことが多く、時には失敗もしました。
そんな経験から在宅ワークを探す前に、始める前に知っておきたいことをまとめてみました。


在宅ワークとSOHOの違い

在宅ワークとは自宅を拠点にして仕事をすることです。 例えば、会社員の人が勤務時間中に処理し切れなかった仕事を自宅に持ち帰ってすることも在宅ワークと言うし、 私のように子育て中であるがために外で働くことが難しく、請負という形で仕事をしていることも在宅ワークと言います。
【在宅ワーク=SOHO】と勘違いしている方もたくさんいらっしゃると思いますが、 SOHOとはSmall office Home officeの略で、小さなオフィスや自宅で事業を行っている事業主のことを言います。

在宅ワークの種類

よく耳にする内職、これも立派な在宅ワークです。 手芸のモチーフを作るもの、機材や衣類の検品など、その道具類で自宅をドカッと占領してしまうものからパソコン1台でできるものまで、実に様々な仕事があります。
私が公開しているようなこの手のwebサイト(お小遣いサイト)を在宅ワークだと言う方もたまにいらっしゃいますが・・・ 雇用関係など全く成立しないところでやっているものがほとんどだと思うので(と言うか全く無いですよね?)、厳密には在宅ワークとはちょっと違うような気がします。

在宅ワークにつけ込んだ悪徳商法

検索エンジンで『在宅ワーク』『内職』と検索を掛けると、実に多くのサイトが出てきます。 それだけ『在宅ワーク』『内職』という言葉の検索エンジン上の需要と供給が高いことが伺えます。 そういう私も今の仕事を見つけるまでに、どれだけ検索し、その結果に振り回されてきたことでしょう・・(涙)。 私の経験上、このようにして検索して出てくるサイトのほとんどは残念ながら使えないサイトであることが多いです。
悪徳商法サイトの簡単な見分け方、1番のキーワードは【仕事を始めるための費用】です。 業者はいろんなことを言ってきます。 いきなり仕事があるわけはなく、まずはエントリーしてもらい、仕事が発生したら紹介するのでそのための登録料3万円。 パソコン使った仕事であるなら通信機材を取り付けないとできないので機材代40万円。 簡単な講習を受けて資格を取ってもらわなければならないので講習料15万円。 といった感じです。
これらはいずれも今まで私が実際に言われたことのある言葉ばかりです。 そして必ず元が取れると言ってきますが、その保証はどこにあるのでしょう? 仕事を始めるのに費用が発生すると言われたら、悪徳業者と疑ってほぼ間違いはないでしょう。

ねずみ講・マルチ商法

ねずみ講とマルチ商法、厳密には違う言葉のようですが、ほぼ同じ意味で使われていることが多いようです。 これらの商品を扱ったサイトも検索エンジンで『在宅ワーク』『内職』と検索すると上位表示されていることがあります。 Google Adsenseなどのインターネット広告でもよく見かけます。 『夫の収入を超えた』『年収みたいな月収』『自宅で開業』とかそういった感じのタイトルのものです。
Google Adsenseなどのコンテンツマッチ広告(サイトの内容と関連性の高い広告を配信する方法)なら、 お小遣いサイトで表示されるのは仕方ないのかな?とも思いますが、全くカテゴリー違いのサイトでもなぜだかよく見かけるんですよね・・。 ねずみ講をやっている人たちの間で『在宅ワーク』『内職』とは全く無関係なサイトでも広告表示されるノウハウのようなものが出回っているという噂もありますが、実際のところはどうなんでしょうか。 この手の広告にも要注意です。

在宅ワークを始めるための必須スキル!タイピング

無料で始める簡単お小遣い稼ぎ make money