ネットでお小遣い稼ぎ始めるための準備、ネットバンク(イーバンク銀行・ジャパンネット銀行)に口座を作る!

ネットバンク(ネット銀行)に口座を作ろう

ネットバンク(ネット銀行)はお小遣い稼ぎの必需品

お小遣いサイトで稼いだ報酬を現金で受け取るためには、口座が必要です。 既に銀行や郵便局に口座を持っている人も、ネットバンク(ネット銀行)の口座を作りましょう。

ネットバンクとは名前の通り、インターネット上の銀行です。通帳はありません。 大半のお小遣いサイトは、振り込みはネットバンク対応になっています。ネットバンクにしか対応していないサイトも結構あります。 一般の金融機関でも可というサイトなら、今持っている銀行や郵便局の口座も利用できますが、 ネットバンクなら報酬を受け取る際にかかる手数料が無料または格安なのに対して、一般の銀行口座では手数料を多く引かれてしまうケースがほとんどです。 1通1円(またはそれ以下)のメールをコツコツとクリックして貯めたポイントが手数料に消えるなんて、もったいないですよね。

ネットバンク(ネット銀行)の魅力

ネットバンクの利用は報酬受け取りに限ったことではありません。 私はオークションやネットショッピングの決済にも利用しています。 振込み手数料が格安なこと、PCで操作できるので金融機関に出向かなくて済むこと、そして利子の良さがあります。 利子は一般の銀行ではあり得ないほどの額がいつも付いています。 お金を引き出したい時は郵便局やコンビニATMで引き出すことができ、曜日・時間に関わらず、手数料が無料なのもポイントです。

大半のサイトは報酬を請求するまでに口座を登録すれば間に合うのですが、一部では登録する時に口座情報を入力しなければならないサイトもあります。 一般の銀行のように即日開設というわけにはいかず、実際に使えるようになるまでに数日の期間がかかります。 ネットバンクの人気は高く、常に申し込みが殺到している状態なので、2〜3週間かかる場合もあるようです。 余裕を持って早めに手続きをしておくと安心ですね。

ネットバンクの代表格は楽天銀行(旧イーバンク銀行)とジャパンネット銀行です。 まずは楽天銀行(旧イーバンク銀行)に口座を作っておけば大半のサイトはOKですが、ジャパンネット銀行にしか対応していないサイトもあるので、両方作っておくことをお勧めします。
楽天銀行(旧イーバンク銀行)
  • 特別な条件なく、口座開設・口座維持手数料とも無料。
  • 楽天銀行同士の送金は手数料無料、他行への振込み手数料も一律160円(税込み)。
  • 送金相手の名前とメールアドレスだけで送金できる。(メルマネ)
  • 全国の郵便局のATMとコンビニ・スーパーなどに設置されているセブン銀行ATMの手数料が無料で利用できる。(※郵便局からの出金は月5回まで無料)楽天銀行の口座画面を操作し、郵便貯金口座から楽天銀行口座へ入金することができる。
  • 紛失・盗難保険が付いて、万が一の場合も大丈夫。毎月第2・第4日曜日は、ダイエーグループ各店で売り場ほとんど全品5%割引。
楽天銀行(旧イーバンク銀行)口座はこちらから開設できます↓
ジャパンネット銀行
  • 三井住友銀行、am/pmに設置のATM(@BANK)、E-net(イーネット)、郵便局、セブン銀行のATMが利用できる。
  • 通常、口座維持手数料が189円(消費税含む)/月かかるが、下記に挙げる各種ローンの契約や口座の利用状況によって無料にできる。
  • 新規に口座を開設した場合、口座開設月から翌々月までは無料(最大3ヶ月無料)。
  • 月末時点でYahoo!ネットバンキング決済連携サービスの利用登録している場合、翌月の口座維持手数料が無料。
  • ネットキャッシング、カードローン、目的型ローンなどの各種ローン契約がある場合。
  • 前月の取引内容が・・・口座から振り込みをした回数が2回以上の場合、口座に振り込まれた金額合計が3万円以上の場合(給与振込も含む)、振り込まれた回数が2回以上の場合。
  • 預金残高が10万円以上の場合。
口座維持手数料永久無料プランというのもありますが・・
10万円以上預けておけば確実にクリアなので、この方法が一番簡単かな?と思います。10万円でも毎月数十円の利子が付きますよ。
あとはサイトに登録する時に報酬の受け取りにかかる手数料がイーバンク銀行や他機関と同じなら、 ジャパンネット銀行に指定するようにすれば、振り込まれた回数が2回以上という条件も案外簡単にクリアできるかもしれません。

ジャパンネット銀行口座はこちらから開設できます↓

金融機関を選ぶ際、利用できるATMが多い、手数料が安いなどのポイントがあります。 私は楽天銀行もジャパンネット銀行も両方の口座を作って、使い分けています。
次項の【手数料で比較する!楽天銀行とジャパンネット銀行】では楽天銀行とジャパンネット銀行の主な手数料 (2つの銀行を利用する時に利用頻度が高いと思われるもの)を比較しているので参考にしてみてください。

手数料で比較する!楽天銀行とジャパンネット銀行
無料で始める簡単お小遣い稼ぎ make money